みんなのき



ご挨拶

 くらしの支援センターみんなのきは、重い障害のある方のくらしの場を整備し、吹田に暮らし続けたいという願いを実現するための、15年以上にわたる施設づくり運動により実現しました。2006年に国連で採択された「障害のある人の権利条約」では特定の様式にとらわれない生活は障害者の権利であると規定されています。くらしの支援センターみんなのきでは、どんな障害があっても生まれ育った吹田で暮らし続けることができる、そんな地域、社会づくりをめざして事業を運営いたします。
 皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。

               くらしの支援センターみんなのき 所長 西村具通  
 

事業内容

事業内容

【グループホーム】
・つばめホーム 
 バリアフリー型グループホームで身体障害のある方10名が生活されています。現場の職員や看護師、リハビリスタッフと連携して健康状態や身体機能面についてケアを行いながら、日々の生活を送っています。なかまの仕草や表情から本人の意思を汲み取り、なかまや職員がみんなで楽しみながら関係を築くことのできるホーム作りを目指しています。

         

                

・あんずホーム(女性)・さぼてんホーム(男性) 
 重い知的障害のある方、行動障害のある方が各ホーム5名ずつ生活されています。それぞれに精神面や健康面での課題を抱えながらも、同じホームで過ごすなかまとしてお互いの存在を意識したり、気に掛け合う様子が見られています。一緒に過ごす楽しい時間を積み重ねながら、安心できる環境・関係作りに努めています。

        

                

【ショートステイみんなのき】 
緊急利用者枠を含めて8名定員の短期入所事業です。急な事情でご利用を希望される方にも対応できるよう、緊急利用枠を設けています。
ご利用のお問い合わせ 06-6319-8951

【ヘルパーステーションみんなのき】
ご自宅などにヘルパーを派遣し、入浴や食事などをお手伝いします。

【くらしの支援センターみんなのき(相談支援)】
地域で生活されている障害者やご家族の皆様の相談支援を実施しています
 

連絡先

〒564-0036 大阪府吹田市寿町2丁目18-1
TEL 06-6319-8965 FAX 06-6319-8366
E-mail minnanoki@satsukifukushikai.com

アクセス